最優秀鳩舎賞二冠! 史上最短のキャリアで日本ナンバー2へ! 小川安都志鳩舎

最優秀鳩舎賞二冠! 史上最短のキャリアで日本ナンバー2へ! 小川安都志鳩舎
■小川安都志鳩舎(東金セントラル連合会)
〒283-0104 千葉県山武郡九十九里町片貝6509-71 携帯 090-3312-6358
e-mail.ogawasangyo@gmail.com

Close-up

1984年に東日本CHを制したかつてのヒーローが帰ってきた。ハリーカニバールブリクセムといった世界的銘血を武器に2016年秋に再開。メインレースの菊花賞を制し、総合でも3位入賞を達成する。そして翌春には7レース連合会優勝という快進撃を見せ、千翔会最優秀鳩舎賞に選出し、順調な春となった。そして2017年秋の結果次第で、連盟最優秀鳩舎賞、そして国内最高賞である「日本優秀鳩舎賞」の獲得まで射程圏内に。果たしてその結果は

再開1年目で千翔会MVP そして国内最高賞までも照準に

1984年に耐久戦となった東日本CHを制し、“時の人”となった小川安都志氏。その2年後、仕事が多忙となり鳩レースを一時中断していたものの、2016年秋より再開する。この時揃えた戦力は、自身の最高傑作にしてすでに地元の飛び筋に昇華されていた東日本CH総合優勝鳩「チャンピオン・ポポ」の血(ペパーマン、グーセン、ローセンス)に国産のチャンピオンやその直仔、そして鳩レースの本場・ヨーロッパの旬の銘血と幅広い。とりわけ後者の「ヨーロッパの旬の銘血」では単なる一発タイプではなく幾度となく上位入賞を重ねたエースピジョンタイプにもこだわった。現在ヨーロッパ鳩界を席巻している“ハリー”“カニバール”“ブリクセム”、“ニューフレディ”の筋を中心にその食指を動かし、またリモージュN4位、シャトロープロヴィンシャル11位の“ブルーリモージュ”、ブールジュIP優勝し、ドールダンといった短距離レースで入賞を重ねた“マリカ”、そしてブールジュ&アルジェントンの2レースでゾーン優勝を果たした“ラカーチェ”というスーパーエースピジョンまでも手に入れた。

これらの銘血ブリーダーを国内のレースに適応しやすいよう、輸入鳩同士の配合を可能な限り避け、国産の血と割るというパターンでチームを編成。すると再デビュー1シーズン目にして、“カニバール”の娘に“オリンピックニールス”をかけた“ゴールデンディルク”と茨城Rg総合シングル鳩(ホフケンス系)とで作られた若鳩が、秋のメイン・菊花賞で初の連合会制覇を達成し、併催の水沢スプリント400Kでは総合3位に入賞を果たす。

そして2017年春には更なる飛躍が待っていた。9レース中なんと7レース連合会優勝し、Rg、600K、GP、桜花賞の4レースでは総合ベストテン入りを達成。中でも“ハリー”の直仔“ドリームハリー”と千葉東Rg総合優勝鳩同士で作出された「15LK11324(“カニバール”近親鳩)」とのカップルからは600K総合8位鳩と桜花賞総合3位鳩が誕生し、当たり配合を予感させるパワーを示した。なお後者である「16LK02971」には、あの超銘鳩“ハリー”の作出者であるヤン・ホーイマンス氏から直々に“ミス・パック”という名前が贈られた上、その活躍自体も同氏のホームページに掲載されている。 また小川氏は性能検定の意味合いで数ペア輸入鳩同士での配合を行っており、うちロードホフの“ミス・ド・エース”(ラステレーヌN最高分速など)の全兄弟とKBDB中距離Nエースピジョン賞1位“イヴァン”(“ブリクセム”の孫)の全姉妹をかけた1羽がRgで総合10位、地区Nで総合11位に入賞し、「会長賞」に選出。その全兄弟もまた300Kで優勝しており、こちらの交配もアタリとして期待しているようだ。 これらの成績から小川氏は千葉、千葉東の2連盟で組織されている「千翔会」において最優秀鳩舎賞、そして準地区CH賞(愛鳩の友社主催)を獲得。そして年間タイトルである「千葉東連盟最優秀鳩舎賞」ではトップに立ち、国内最高賞である「日本優秀鳩舎賞」の規程においてもまたトップクラスの入賞率で折り返すこととなった。

異例中の異例! 3シーズン目にして国内ナンバー2の称号を獲得

順調な春を終え2017年秋に挑んだ小川氏であったが、年間タイトルへのプレッシャーによるものなのか、連盟最優秀鳩舎賞において300K、400Kと着実にポイントを獲得しつつも切れ味足らずで2位との差はどんどん縮まっていく。戦力も180羽前後でスタートして最終レースのRgに駒を進めたのは88羽であった。しかし年間タイトルをかけたこの一戦では、今季5レース中3回目の連合会優勝を収めると総合では22位に輝き「連盟最優秀鳩舎賞」を確定。一方、日本優秀鳩舎賞では2羽目が総合37位に入り、規程は難なくクリアする。そして1月7日に行われた総合表彰式では、再開1年目としては異例中の異例であろう「全国2位鳩舎」として“栄光のレッドカーペット”の上を歩いた。

日本優秀鳩舎賞に選ばれ、1月7日に行われた総合表彰式にて「栄光のレッドカーペット」の上を歩いた小川氏。

日本優秀鳩舎賞に選ばれ、1月7日に行われた総合表彰式にて「栄光のレッドカーペット」の上を歩いた小川氏。

果たして最優秀鳩舎賞二冠、そして国内ナンバー2の称号を射止めた小川氏。最高のリスタートをこのように振り返っている。

「全国的にみても強豪鳩舎が揃う大連盟の中、再開1年目でここまでの成績をよく獲れたなと自分でも驚いています。東金セントラル連合会には関東三大長距離レースの総合優勝鳩舎や日本優秀鳩舎賞を獲ったレースマンがいますので、連合会としてのパワーがあったからこそ、果たせたことだと実感していますね。日本優秀鳩舎賞では全国2位に選ばれ、周りからは『惜しかったね』と声を頂戴しましたけど、とんでもない。出来すぎですよ(笑)」。

とはいえ再開1年目で国内ナンバー2まで登りつめたとあって、日本一への期待がかかるのは当然のこと。しかし小川氏としては、日本優秀鳩舎賞というよりも関東三大長距離レースに重きを置きたいと語っている。

「チャンピオン男と呼ばれている柴﨑(昇一)さんのように東日本CHで総合優勝2回という記録を作ってみたい。そもそもその思いで鳩レースを再開しましたからね」。

小川氏は過去の1000Kレースのデータをとり、地理的にもスピード系で充分通用すると分析している。その過程で前述の“ハリー”“ブリクセム”、そしてファンブリアーナ系のリボルヌN優勝鳩“ドリームリボルヌ”といったCHバードまでも導入したというわけだ。 日本優秀鳩舎賞、千翔会最優秀鳩舎賞、千葉東連盟最優秀鳩舎賞と3つの総合タイトルを手にし、第2のピジョンライフは最高の形でスタートした。「2度目の東日本CH制覇」という夢の第1歩として手にいれた称号は、あまりにもビッグであることからもその実現は決して不可能ではないだろう。かつてのヒーロ―の今後に期待したい。

小川安都志鳩舎期待の銘ブリーダー Part.1 超銘鳩“ハリー”の直仔

ドリームハリー
NL15-1850035 BCW ♂ ヤン・ホーイマンス作 現・小川安都志鳩舎種鳩
直仔/ミスパック(2017年千葉東桜花賞総合3位)ヘッドマークハリー(2017年千葉東連盟AP賞5位他)
全兄弟の直仔/2016年ベルギー王立愛鳩家協会賞全国優勝

NL15-1850635BCW

Father Grandfather
ハリー
NL07-2007621 BC ヤン・ホーイマンス作翔
09年WHZB長距離エースピジョン賞1位
ブロアN37,728羽中最高分速、シャトローN22,340羽中最高分速
シャトーダンN21,520羽中第3分速
ヨング・ブリクセム
B01-3266512 B ガビー・ファンデナベール作
ブリクセムの直仔
Grandmother
ディルクイェ
NL05-1936558 BC C&G・コープマン作
クライネディルク×アモーレ
Mother Grandfather
ビューティーダヴィンチ
NL13-1395005 BC ヤン・ホーイマンス作
ダヴィンチ
NL04-5435151 BC ピーター・へ―ンストラ作翔
アブリスNPO7,946羽中優勝他
クライネディルクの孫
Grandmother
NL11-1912492 BC ヤン・ホーイマンス作
上記ハリー全姉妹

小川安都志鳩舎期待の銘ブリーダー Part.2 リボルヌN優勝

ドリームリボルヌ
B10-4071402 B ♂ ドイヘッター&ドント作翔 現・小川安都志鳩舎種鳩
リボルヌN725K8,242羽中優勝
シャトロー580KProv.4,612羽中40位
オルレアン480KProv.4,248羽中42位
直仔/2017年春千葉東Rg500K5,770羽中総合25位、秋千葉東Rg500K3,672羽中総合65位

B10-4071402B

Father Grandfather
B06-3157187 B アンドレ・ベッカー作 B00-3076462 B アンドレ・ベッカー作
ファンブリアーナ系
Grandmother
B01-3133646 B ガビー・ファンデナベール作
ファンブリアーナ系
両親ともアンドレ・ベッカー作
Mother Grandfather
“ツレ”
B04-2442033 B ギルバード・ファンデ・ウェジ作
同系/07年ブリーブN16,007羽中優勝
B01-4336257 B ギルバード・ファンデ・ウェジ作
ファンブリアーナ系
ゴールデンカップルの♂
Grandmother
B00-4162967 カイゼル作(長距離の強豪)
ファンブリアーナ系
ゴールデンカップルの♀

小川安都志鳩舎期待の銘ブリーダー Part.3 リモージュN6,272羽中4位・14,575羽中7位

ブルーリモージュ
B14-1060957 B  ♂ テリー&ジャン・マリンシャル作翔 現・小川安都志鳩舎種鳩
2015年リモージュN一歳鳩部門6,272羽中4位・全14,575羽中7位
シャトローNゾーン8,291羽中39位・Prov.2,179羽中11位
ブリーブProv.738羽中202位
直仔/2017年春千葉東連盟桜花賞総合18位

B14-1060957B

Father Grandfather
B12-9013317 ヴォン・ヴォヤジャー作 B10-4282042 
07年イルンN3位“キングヨースト”の直仔
Grandmother
トップペドロ
B10-90589820
Mother Grandfather
B13-9077124 セルジ・デフランサールト作 B08-9030720 セルジ・デフランサールト作
Grandmother
B10-9057765 セルジ・デフランサールト作
小川安都志鳩舎期待の銘ブリーダー Part.4 ブールジュIP優勝

マリカ
B12-6218620 RC ♂ クレルボー&ファンリート作翔 現・小川安都志鳩舎種鳩
ブールジュIP5,156羽中優勝・9,716羽中最高分速
ドールダン2位、ピチェヴィエ10位他入賞多数

B12-6218620RCW

Father Grandfather
シッダールタ
B01-6475898 S 
KBDB中距離ナショナルAP賞6位・Prov.2位
ドールダン400K優勝、7位、10位
キエブラン125K優勝
オルレアン450K2位、5位、ツーリー2位、3位
マルネ300K3位、5位
ノヨン250K6位、9位、10位2回
ベストセラー
B93-6430416 ルイス・ヴァンホーブ作
ノヨン優勝、ドールダン優勝、ブールジュ優勝、シャトロー優勝他
ホフケンス系
Grandmother
スーパールーシー
B00-6301603 S 純ソーンチェス系
Mother Grandfather
セレナ 
B08-6315628 BCW クリス・クレルボー作
全姉妹/ツーフォーワン
   (ブルージュN67位、シャトローIP28位、
             モンリュソンP10位)
エース・ヤン
B01-6276664 BC クレルボー&ロージエ作翔
01年ノヨンエースピジョン賞
Grandmother
スノーライス
B05-6176142 G ガストン・ファンデバウアー作翔
サルブリ350K優勝・Prov.129位他
アントワープ長距離クラブエースピジョン賞の兄弟

小川安都志鳩舎期待の銘ブリーダー Part.5 ブールジュ&アルジェントンゾーンダブル優勝

ラカーチェ
B11-6032245 B スヘール・リーファ作翔 元ベニー・ニースティーブニック作種鳩
現・小川安都志鳩舎種鳩
2012年ブールジュN14,519羽中8位・ゾーン5,333羽中優勝
2013年アルジェントンN16,324羽中6位・ゾーン2,611羽中優勝

B11-6032245BW

Father Grandfather
ドンケレ360
B09-6034360 DC スヘール・リーファ作
B04-6365963
Grandmother
B01-6161923
Mother Grandfather
ゲシュルプトラッキー
B09-6085991 BC スヘール・リーファ作
DV09-1114805
Grandmother
B04-6120352

小川安都志鳩舎期待の銘ブリーダー Part.6 オリンピアード代表鳩“オリンピックニールス”の直仔

ゴールデンディルク
B15-6091560 B ♂ ディルク・ファンダイク作 現・小川安都志鳩舎種鳩
直仔/2016年秋千葉東連盟400K5,745羽中総合3位

B15-6091560B

Father Grandfather
オリンピックニールス
B08-633005 BC ディルク・ファンダイク作翔
ニトラ・オリンピアード代表鳩
孫/フレンドシップ(シャトローN最高分速)
  アントワープエースピジョン賞2位
ディカプリオ
B05-6045015 BC レオ・ヘルマンス作
キエブラン優勝他
Grandmother
B06-6210110 BC ディルク・ファンダイク作
スーパーカップルの娘
Mother Grandfather
ドーターカニバール
B06-6210005 B ディルク・ファンダイク作
カニバール
B95-6246005 BC D&L・ファンダイク作翔
KBDBナショナルAP賞中距離部門1位
Grandmother
B97-6466984 BC ディルク・ファンダイク作
ランボーの異母兄弟

日本優秀鳩舎賞全国2位を獲得した小川安都志鳩舎の成績
レース名 鳩番号 羽色 参加羽数 順位 入賞率
春Rg 16LK01138 B 5,770羽 総合10位 0.00173
16LK20116 B 5,770羽 総合25位 0.00433
地区N 16LK01138 B 2,551羽 総合11位 0.00431
16LK12103 BC 2,551羽 総合17位 0.00666
桜花賞 16LK02971 BC 1,283羽 総合3位 0.00234
16LK20139 BC 1,283羽 総合18位 0.01403
GP 16LK20139 B 1,110羽 総合6位 0.00541
16LK14065 B 1,110羽 総合23位 0.02072
秋Rg 17LK19647 BC 3,672羽 総合22位 0.00599
17LK06025 B 3,672羽 総合37位 0.01008